エクササイズところにいくとき

我々は通常欠かさずにランニングや散歩をやる結果、モールなどで大きなエクササイズところを見つけるとついつい入ってしまう。
そして、ブランドもののジョギングシューズを端から端まで眺めたり、チャンス物で変化してくる行動着の末端を眺めたり、夜間の物悲しいプログラムでも安心して走れるように出来ている小型の点滅やるLED明かりを眺めたりと、さっそくかなりの長年ステイしてしまいます。
ましてや正に「あ、そういったの欲しかった!」と自分にあった一品を発見してしまうと、(ほとんど良い雑貨ばかりなので)衝動買いは打ち切るものの、「飽きずに実際使うか、長く使えるように丈夫なのか、実は他にももっと良いものがあるのではないか…」などと考え過ぎて、レジに持ち歩くまでの評価の時が甚だしく長くなってしまう。
なので、仮に所帯と一緒に買物に行ってエクササイズところに加わるときは、「15分だけ見よう」と腕時計などで時を確認してから混じるようにしています。
そうでないと所帯が明らかに「依然終わらないの…」という感じで、完全に飽きた表情&段々不機嫌になってしまからだ。
(笑)なので、基本的にはエクササイズ器機が見たくなったら、自分の時で、余裕のあるときに行くように決めています。
自分でも「面倒なやつですな」と感じています。
(苦笑い)まぁ大好きに対して粘りが手強いのです。
そんな感じで、さんざっぱら些細なことを書きましたが、我々がエクササイズところに行きの自分で決めた家柄に関する筋道でした。
限りだ。

カテゴリー: ひとり言 パーマリンク