オンか、オフか、それが問題

どうしよう、、どうする?もう少し忍耐するか?しかし、これで風邪などひいたら、元も子もないし、、ここが、悩みどころである。
微妙なこの室内温度が、私の選択を迷わせる。
内地(本州の人たち)は、なに贅沢なことをと、と思うのかもしれないが。
まだ残雪残る北海道の家の中はやっぱ寒い!ついついストーブのスイッチに手が伸びる。
おっといけない、まだまだ、我慢せねばという、己の心といや、だめだ、つけちゃえ!あったかい方がいいに決まってる。
しかしだ、しかし、つけたら暑い。
(あたりまえ)こんな悩めるオバサンに、強い味方のストーブのエコ機能。
一定の温度になると、勝手に消えて、また勝手についてくれる。
でもね、これがまた、ややこしい。
設定温度を低くすると、全然ついてくれない。
この間実験をしてみたのだ。
16度に設定してひたすら、つくのを待った。
1時間経っても2時間経ってもついてくれない。
3時間くらいにいして、ようやっとついてくれた。
しかし、ほんの15分くらいであっという間に消えてくださった。
さすが正確な機能である。
いやだ絶対、今、今でしょ!今あったかくなりたいんだわよ。
だから、とどのつまり、オンかオフか自分で決める、それしかない。

カテゴリー: ひとり言 パーマリンク