解禁日に渓流へ行った

冬が終わって春になると、釣り人が待っているものがあります。
渓流釣りの解禁です。
地域によって違いますが、3月から解禁になることが多いと思います。
もちろん私も待ちきれずに解禁日に渓流へヤマメを狙いに行きました。
例年ですと解禁日といえども雪が多少残っています。
ところか近年はどこも雪が多くて、あまりの雪の多さに釣り場まで辿りつけないことがあります。
そこでなるべく駐車場から近い釣り場を選んで行ったのですが、それでも付いてみると辺り一面銀世界です。
例年通りに機械的に解禁するのではなくて、雪の様子を見て釣りが出来る状況になったら解禁してほしいのですが、それでも解禁となると行きたくなるのが釣り人です。
車から降りて道具をセッティングした後、膝上まで雪に埋もれながら川に行きました。
幸いにして川は釣りが出来る状態ではありましたが、どこまでが川岸か分かりにくかったのであまり川に近づくことができず、ちょっと川から離れての釣りになりました。
雪の多さにポイントの移動もままならず、なるべく同じポイントで粘ったのですが、あまり長く同じポイントで釣りをすると魚に見切られてしまい釣れなくなってしまいます。
それでも何とか数匹釣り上げることができましたが、移動だけでくたくたになってしまいあまり楽しめませんでした。
異常気象で雪が多いのかどうか分かりませんが、雪が多い時には解禁を遅らせてほしいと願った釣行でした。

カテゴリー: ひとり言 パーマリンク