どんな自分を目指すべきか

仕事の内容や雰囲気を見る限り、ユーザーからの要望を一人で作れるようになった方が良いのではという印象が強い。
取引先によっては向こうの仕事の関係上、連携せずにこちらの考えに全て任せられる場合がある。
それによりユーザーの要望を的確に見抜き、更には求められる質のあるプログラミング開発を行う事が先決だと言える。
つまり私の場合、取引先に派遣され、既にある詳細設計書から求められる内容を把握し、それを実際にどのくらい実現できるかどうかを把握する事が重要だと言える。
ただこれを行えるようになる為には、詳細設計書に書かれている内容を正しく理解できる事が大切だ。
詳細設計書は企業によって要望が違い、更には使われる言葉も場合により癖のある内容になっている場合がある。
今回行った評価面談では文章をどのように理解するかが重要だと思っている。
ただメール内容や詳細設計書は機密事項にあたる為、これを行う為には手書きで全ての内容を把握する事が大事だと言える。
つまり一度失敗した内容を改めて再度復習できるようになる為に、常にメモを取り、再発防止を防ぐためにはどうするべきか、そしてそれを習慣化する場合、どんな習慣をつけるべきか、最後までやり抜くイメージを持ってやらないといけないと感じられる。
夫の浮気調査

カテゴリー: ひとり言 パーマリンク